Frankenstein / Mahler

2018


Mixed Media Installation

 

OAG / Tokyo / Japan

This work began with a curious, playful thought: the possibility of a meeting between Frankenstein's creature and the young Gustav Mahler. It draws on ideas of 19th- and 20th-century post-romanticism and Gothic themes found in both Mary Shelley's book and Mahler's music. Among other things, the creature is described several times in the book as a nature-loving, keen observer of atmospheric landscapes, much as Mahler was. The installation, centered on a model of the wooden version of Vessel II, uses elements and landscapes from both worlds and also includes allusions to John Carpenter's 1982 film The Thing, hinting at the possibility that the creature may have survived even into the present.


この作品は、フランケンシュタインという生物と若きグスタフ・マーラーの出会いの可能性という、好奇心と遊び心に満ちた考えから始まった。この作品には、メアリー・シェリーの本とマーラーの音楽の両方に見られる、19世紀から20世紀にかけてのポストロマン主義やゴシック的なテーマの思想を取り入れている。とりわけこの生物は、マーラーと同じように自然を愛し、趣のある風景を熱心に観察していることが、本の中で何度も描写されている。Vessel IIの木製の模型を中心としたインスタレーションでは、両方の世界の要素や風景を使い、また、ジョン・カーペンター監督の1982年の映画『シング』をも連想させ、この生物が現代にも生き残っている可能性を示唆している。


© A.F Claar 2023

All rights reserved